名刺辞典 TOP -> 名刺交換 -> 名刺交換のマナー(タブー編)

名刺交換のマナー(タブー編)

名刺交換の際、ついうっかりやってしまう名刺交換のタブーです。

常識を考えたらわかりそうなことですが、緊張のあまり、ついタブーをやってしまった・・・ということにならないよう、普段から意識しておきましょう。

・汚れている名刺、記載内容が古い名刺を渡す

名刺はあなたの分身です。取引先を訪問する際、よれよれのスーツで行きますか?それと同じことで、タブーです。

また、肩書きなどが急に変わって名刺の印刷が間に合わない場合もありますが、その際は、名刺交換時に一言説明を付け加えるとよいでしょう。

・上着のポケットやお財布の札入れスペースなどに直接名刺を入れ、そこから取り出す、又はそこにしまう

上着のポケットは名刺だけを入れておく場所ですか?例えばペンなどが入っていて名刺を汚す可能性もあります。

また、財布はお金を保管する道具で名刺入れではありません。ご自身の名刺がそのように扱われた場合、どのように感じるかを考えると、おのずと正しい作法を身に着けるようになるはずです。きちんと名刺入れを利用しましょう。

・名刺交換をテーブル越しに行ったり、座ったまま行う

相手との間にテーブルなどの障害物があるときには、外側に回り込んできちんと相手と対面してから行いましょう。

また、座ったまま名刺交換を行うのは言語道断です。立ち上がって背筋を伸ばして行いましょう。

・名刺を受け取る際、相手の会社のロゴや名前の上に指がかぶさる

相手の会社に敬意を払う意味でも、会社名やロゴを隠さないように、名刺交換で自分が受け取る際には名刺の角を持つようにしましょう。

・相手からいただいた名刺を片手で受け取る

いただいた名刺は相手の分身です。

敬意をはらいつつ両手で丁寧に受け取りましょう。

・相手からいただいた名刺を話しながら手でもて遊ぶ

名刺交換後、すぐに商談に入らずに立ち話などが始まる場合もあります。

その時にいただいた名刺を手でくるくるとまわしたりいじったりするのはとても見苦しいですし、相手のことをその程度にとらえているのだと悪い印象を与えてしまいます。両手でしっかり持っておくか、タイミングを見て名刺入れに入れるなどしましょう。

・相手からいただいた名刺に書き込みをする

名刺に記載されていない情報をもらった場合、忘れないようにと名刺の裏側などに書き込むことがあるかもしれません。

しかしそれは相手の名刺を雑に扱っていることになり、大変失礼な行為です。

いただいた情報は、手帳などに書き込んでおき、その場が終了し会社に戻った後などに転記するなどの配慮をしましょう。

最近では、名刺の裏側があらかじめメモ欄などになっているものもありますが、そうした名刺の場合はこの場限りではありません。

・いただいた名刺を忘れて帰る

緊張のあまり、せっかく頂戴した名刺を忘れて帰ってしまった・・・という事も大変失礼になります。

忘れたことに気がついた場合、相手先に連絡を入れて正直に説明し、お詫びをかねてできるだけ早くとりに伺うようにしましょう。

誰にでも失敗はあります。誠意を持って対応し、一生懸命な印象を与えていればそれほど問題はないはずです。

その他の記事

pagetop